ビットコインの換金率 - ビットコインを換金してみよう

HOME » 換金について » ビットコインの換金率

ビットコインの換金率

何かを現金へ換金するとき、気になるのは換金率のことでしょう。
ビットコインを現金に戻したとき、その換金率はどれくらいになるのでしょうか?
換金率とは、換金するその資産等の価値の満額を100%として、換金後に自分が実際に受け取れる金額が何%なのかということです。

これは当然100%になるのではと思えるところでしょうが、実際に何かを換金したとき、換金率は100%未満になることも多いです。
なぜかというと、換金にあたって手数料等がかかることが多く、その手数料分を引かれたあと、残りを渡されることが多いからですね。
ビットコインでも同じで、これを換金したとき、売却したそのビットコインの価値の満額が手に入るとは限りません。
10万円分のビットコインを換金しても、実際に手に入る現金は少し天引きされ、9万円台になることが多いわけです。

ただ、天引きされる割合は、そのビットコインの値段の数%以内となることが多いですから、換金率は95%以上になることは多いです。
つまり多少は金額が減ってしまうのですが、それほど大幅に天引きされるわけではありません。
人によっては誤差の範囲として、あまり気にならないこともあるでしょう。

このビットコインの換金率は、比較的高い方です。
中古ショップへ何かを売りに行ったときの換金率などは、かなり低いのが一般的ですよね。
たとえば1万円で売れる商品でも、買取価格は1000〜2000円ほどになるのが一般的です。
換金率に直すと、10〜20%ほどです。
これに比べると、95%以上の換金率となるビットコインは、かなり高い方になるのがわかるでしょう。

それでも、できるだけ金額等を減らさずに換金したければ、どうすればいいでしょうか?
このときは自分で取引相手を見つけ、個人的にビットコインを換金する方法が向いています。
換金率が100%未満となるのは、換金のための手数料等がかかるためですが、これがかかるのは仲介業者を使って個人取引をしたり、換金業者を使ったりしたときです。
自分で個人的に取引相手を見つけ、あくまで個人的にビットコインを売っただけなら、これら手数料を取る相手がいないため、そのビットコインの値段通りの現金を受け取れます。
これなら換金率は100%です。

少しでも換金率を高めたければ、この方法を考えるといいですが、実際にやるのはやや難しい方法でもあります。
個人的にビットコインを買いたいという人を見つけるのが大変ですし、相手の購入量や希望額で合意できるとも限りません。
換金率が多少下がりますが、換金しやすいのは取引所等での換金になることもあわせて覚えておくといいでしょう。

ビットフライヤーは初心者でも換金を行ないやすく、手数料も低いので、おすすめです!

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で