ビットコインを換金して出金 - ビットコインを換金してみよう

HOME » 換金について » ビットコインを換金して出金

ビットコインを換金して出金

持っていたビットコインを換金したとき、それを出金するというステップが必要になることがあります。
換金が終わった時点でゴールとは限りませんから、出金のこともお忘れなく。
この出金手続きが改めて必要になりがちなのは、ビットコインの取引所を使ったときです。

ビットコインの購入時にもこちらを使った人は、その取引のために専用の口座を作ったことを知っていますよね。
これがビットコインのウォレットにもなるのですが、同時に取引のための現金を入金する口座にもなったと思います。
この口座に現金が入るのは、購入時だけではありません。
ビットコインを売り、日本円等に換金したときも、そのお金はこの専用のウォレットへ入金される形になります。
そのウォレットに入っているビットコインや日本円は持ち主のものですが、そのままでは使えませんよね。

この口座は一般的な銀行口座ではなく、あくまでビットコイン用に作った取引用の口座です。
ここのお金をATM等でダイレクトに出金することは基本的にできませんから、出金のための手続きを踏まないといけません。
その手続きとは、このビットコイン用のウォレットから、一般的な銀行口座への振込になります。

この手続きはその取引所の口座へログインしたあと、メニュー画面から選択できます。
どこの口座へ振り込むかは、個人情報の管理画面で登録できますから、都合のいい口座を登録するといいでしょう。
ここで登録した口座への出金を選択し、決定すると、ビットコイン用の口座から一般的な銀行口座へ振込されます。
これで出金の手続きが完了です。
一般的な銀行口座へお金が入れば、ATMなどで直接現金を出金できるようになります。
仮想データだったビットコインが、まさに現実のお金へと換金されたことになりますね。

このような手続きをしない場合は、どうなるでしょうか?
ビットコインを換金したお金は、そのままビットコイン用の口座へ保管されることになりますが、そのまま置いておく人はどちらかというと少ないです。
そのまま置いておくのは、また後日にビットコインを購入するため、そのときにまた入金しないといけませんから、その手間を省くために置いておく人が多いですね。

それ以外のケースでは、そのまま置いておいても現金として使えませんし、その口座はビットコインの取引所が管理しているもので、一般的な銀行口座ではありません。
WEB上の口座ですからハッキング等のリスクがありますし、万が一のときの元本保証などもありませんから、当分取引の予定がなければ、銀行口座まで出金するのが一般的なのです。
手続き自体は非常に簡単ですから、お忘れなく。