ビットコイン換金の注意点 - ビットコインを換金してみよう

HOME » 換金について » ビットコイン換金の注意点

ビットコイン換金の注意点

最終的にビットコインは換金するのが目的で購入する人も多いですよね。
いざ換金するのはこの投資のゴールになることも多いでしょうが、これにはいくつかの注意点があります。

まずビットコインを購入した方法によっては、換金できる時期に制限がつく場合があります。
ビットコインを購入する方法はいくつかありますが、その中でクレジットカードを使った人は注意が必要です。
この方法は事前にウォレットへ日本円を入金する必要ないため、手間を省けるいい方法になるのですが、カードの場合は不正利用の可能性があるため、これで購入したビットコインはすぐに換金ができないようになっています。

その期間は一週間ほどですから、それほど長期間の制限を受けるわけではありませんが、ビットコインが購入直後に値上がりしたときなど、すぐに換金できないのはデメリットですね。
クレジットカードでビットコインを購入した場合は、換金できるのがいつになるのか、よく確認しておくといいです。
すぐに換金できることを重視するなら、銀行から一度ウォレットに日本円を入金し、そのお金でビットコインを購入すると、換金できる時期の制限等もなくなりますよ。

換金にかかる注意点として、次に換金方法によってはやはりすぐに換金できない場合があることをご紹介しておきましょう。
ビットコインを換金する基本的な方法は、取引所へアクセスし、これがほしい人に売るという流れになります。
買うときもこのように取引所での取引で買った人も多いでしょうが、売るときも同じ流れで売れます。
こうするとほしい人にビットコインが渡り、売った人には現金が手に入るのですが、この方法は買い注文を出す人がいないとできませんよね。

国内でも大手の取引所を利用すれば、利用者も多いため、買いたい人がまったく見つからないといったことは少ないのですが、これらは株と同じで、そのときどきで人気のトレンドが変わります。
ビットコインが高値で取引されるときもあれば、あまり人気がなく、値段が下がる時期もあります。
値段が下がるときとは売り注文が多く、買い注文が少ないときです。
つまり買いたいという人が少ないため、買い手を探すのが難しい時期なのです。

取引所でできる換金とは、あくまで買いたい人に売っているだけですから、買いたい人がいないと、ここでの換金が難しくなります。
もちろんずっとその状態が続くことは少ないのですが、換金したいとき、いつでもすぐに換金できるとは限らないという意味で、注意は必要ですね。
ビットコインの換金には、このような注意点があります。