ビットコインを日本円へ換金 - ビットコインを換金してみよう

HOME » 換金について » ビットコインを日本円へ換金

ビットコインを日本円へ換金

ビットコインを換金するというと、日本人にとっては日本円への換金が当たり前だと感じられるでしょう。
これは事実その通りで、国内向けのサービスを使い、日本人同士で取引するなら、ビットコインを換金すると自動的に日本円になるのが普通です。
ただ、ビットコインは日本独自の仮想通貨ではなく、世界中に浸透しているものです。
つまり日本人から見ると外貨でビットコインを購入している人もいますし、そのビットコインを外貨へ換金している人もいます。

ですから、換金したいときは日本円にすることを一応意識しておくことが大事です。
特に日本人だけが利用者にはならない換金サービスなど使うとき、そのビットコインをドルや元、ユーロなどにも換金できたりします。
たくさんの国の利用者から使われているサービスなら、日本円も換金メニューに入っていることも多いですから、円がほしいならそのメニューの中で円を選ぶ形になります。
これでそのビットコインを日本円へ換金できるのです。

これはビットコインを誰かに売るときも、一応意識しておくことは大事です。
ビットコインは世界中の人たちから購入されていますから、つまりは外国人がこれの購入を希望することもあります。
その場合、引換の通貨が日本円になるかどうかは、要チェックです。
相手がドルやユーロでの購入を希望している場合、ここを確認していないと、ビットコインがドルやユーロで換金される形になります。
日本円がほしいなら、円だけが可と取引相手にきちんと伝えておくことが大事です。

このようなことは知っておきたいことですが、最初にもご紹介した通り、国内向けのサービスなどを使ってビットコインを換金する場合、最初から何も気にしなくても日本円になることは多いです。
たとえば国内の取引所の利用など、国内でビットコインを売買するときの基本になりますよね。
このときは、その取引所を運営しているのも国内業者ですし、利用者の大半が同じ日本人です。
売買で使われる通貨は日本円が基本ですから、特に意識しなくても自然と円への換金ができるでしょう。
あまり難しいことは意識せず、手軽に日本円がほしいと思うときは、国内向けのビットコイン系サービスを使うのが基本だと、覚えておくといいでしょう。

ビットコイン系サービスのうち、どれが国内向けのものになるのかというと、取引所や販売所として国内大手となるサービスを選ぶと安心です。
これは国内業者が運営する、日本人向けのサービスですから、日本円の換金にもピッタリですよ。