ビットコインを換金できないことはある? - ビットコインを換金してみよう

HOME » 換金について » ビットコインを換金できないことはある?

ビットコインを換金できないことはある?

ビットコインはまだまだ通貨として使える場面は少ないですから、これを使いたいときは、一度換金して使っている人が多いです。
つまりいつでも現実の通貨へ換金できることが大事なのですが、これができないことはあるでしょうか?
基本的には、そのような状況はほとんどありません。
ビットコインは自由に売買ができますから、ほしいときに買い、元に戻したいと思ったらすぐ換金できます。
ただ、ごくまれに起きる一部の状況では、換金できないといったことも起こります。

どんなときかといえば、トラブルや手違いでビットコインを失ったときです。
たとえば以前に大きな事件になったことがありますが、大手の外資系の取引所がビットコインを大量に失うという事件がありました。
取引所ではそちらで専用の口座を開き、そこにビットコインを入れたり、買ったものを受け取ったりします。
いわばWEB上にウォレットがあるような形になるのですが、このウォレットの管理はその取引所が行います。

つまりその取引所で何らかのトラブルや手違いがあり、ウォレットに入っていたビットコインがなくなる可能性はあるのです。
これは仮想通貨ならではのリスクですね。
ビットコインは実体がないため、電子データ上の記録だけが頼りです。
ただ、電子データはトラブルで消えるリスクが常にありますし、外部からハッキングを受け、記録内容を操作されるリスクもあります。

このようなトラブルが起きると、自分が持っていたはずのビットコインがなかったことになるわけです。
すると、どうなるでしょうか?
取引所等で起きたトラブルでビットコインを失くした場合、その保障を受けられるかというと、必ずしも受けられるとは限りません。
保障も特に受けられない場合、なくなったビットコインはなくなったままです。
すると、そもそもビットコインを持っていないという扱いになるわけですから、換金もできません。
確かに自分でお金を投じてビットコインを購入するなどしていた場合、そのお金はもう戻ってこないということになるのです。

ビットコインを換金できないとはこのような一部の状況によるもので、基本的には起こりません。
取引所では以前よりもずっとセキュリティや運営体制を強化しており、トラブル等でビットコインがなくなるといったリスクは小さくなっています。
また、ビットコインを運営するコツとして、長期間使わないビットコインは自分のPCにインストールしているウォレットに移すという対策もあります。
このようなことにより、ビットコインを失うリスクは小さくなるため、換金できないといった事態に陥ることはそれほどないのです。