ビットコインの換金レート - ビットコインを換金してみよう

HOME » 換金について » ビットコインの換金レート

ビットコインの換金レート

ビットコインを換金するとき、換金レートはどれくらいになるのか、これはかなり気になるところでしょう。
換金レートとは、ビットコイン1つあたりが日本円でいくらになるのかを示す情報のことです。
このレートが200万円なら、ビットコインを1つ売ると200万円が手に入るわけです。
もしこれが150万円なら、ビットコインを1つ売っても150万円にしかなりません。
換金レートがどうなっているかで換金後にもらえる金額が変わりますから、非常に大事なポイントです。

実際これはどうなのかというと、まず知っておきたいのは、この換金レートは業者によって違いがあることです。
すべての業者が同じレートで換金しているのではなく、それぞれの業者ごとに換金レートが決まっていますから、換金時に使う業者が決まっていれば、その業者の換金レートを確認してください。
また、レートがなるべく高いところで換金したいなら、複数のビットコイン業者の換金レートをすべてチェックし、一番いい条件で換金してくれる業者を使うといった対応もおすすめです。

このようにビットコインの換金レートは業者ごとに決まっているのですが、これらレートはこまめにチェックすることも大事です。
この換金レートは固定ではなく、そのときどきのビットコインの人気等に応じて、レートは常に変動しています。
これは円とドルの為替相場や、株価の推移などと同じですね。
毎日めまぐるしく変わっていますから、それらの推移や傾向を見て、売り時を判断する形になります。

このように各業者ごとのレートを確認し、今一番いい条件で換金してくれる業者を使うと、なるべく高くビットコインを換金できます。
ただ、これは業者を使うときの場合です。
業者に直接ビットコインを売るのではなく、取引所などで個人を相手にビットコインを売る場合、これらレートはある程度自分で決められます。

たとえばビットコインを1つ、200万円で売りたいと思ったら、そのような注文を出すことも可能です。
ただ、参考になるレートはやはりあります。
その取引所での平均的な取引額や、最高価格などはわかりますから、これらの価格を参考にしてレートを決めないと、買い手が見つかりにくくなります。
平均的な金額やその日の最高取引額を超える金額を設定すると、買い手にとっては損な取引になりますから、買い注文が入りにくくなるのですね。
このようにビットコインの換金レートは、すでに決まっていることもありますし、ある程度自分で決められることもあります。