ビットコインの換金手数料 - ビットコインを換金してみよう

HOME » 換金について » ビットコインの換金手数料

ビットコインの換金手数料

ビットコインを換金するときは、その手数料のことを確認しておくと安心です。
この手数料とは何かというと、多くの場合は換金を仲介してもらったことへの手数料となります。
ビットコインを換金するとき、多くの人は取引所を使いますが、これは無理に使わないといけないわけではありません。

ビットコインの取り扱いに資格等は必要ありませんから、個人間で売買してもいいのです。
これを欲しがっている人を見つけられれば、その人に直接売ることで換金しても問題はありません。
ただ、この方法で換金する人は少ないのです。
ビットコインを欲しがっている人を見つけるのが大変だからですね。

これは現在投資目的で購入されることが多く、誰でもこれを欲しがっているわけではありません。
さらにきちんとレートやビットコインの取り扱い方などを知っており、個人的に購入できる人というと、実際にはかなり限られます。
取引所を使わないと都合のいい取引相手になかなか会えないため、取引所を通してビットコインを売却し、換金する人がほとんどなのです。
この取引所には、ビットコインに興味がある人が多くアクセスしていますから、購入希望者も見つかりやすくなり、換金もしやすくなります。
それはいいのですが、そのような環境を作っているのは取引所を管理している業者ですから、その業者まで手数料が必要になることも多いのです。

手数料は、その売買取引の金額に応じて決まる仕組みで、その金額の数%という形で請求されます。
どれくらいになるかというと、たとえばある大手の取引所では、10万円未満のところでは0.15%と決まっています。
これが10万円以上・20万円未満となったら、0.14%です。
この取引所での手数料は、取引金額が高くなるほど手数料率は低くなり、最低では0.01%にまでなります。
どれも1%以下の割合ですから、手数料が必要とはいっても、かなり少額の出費にしかなりません。
これら手数料は個別に支払うのではなく、取引のとき、仲介業者がその手数料分を天引きする形になります。

ビットコインを換金するとき、このような手数料がかかることがあります。
ごくわずかな出費としても、できるだけこのような手数料を取られたくないと思ったら、取引所の条件をよく確認してみるといいです。
これら手数料の有無や、その金額は各取引所によって違いがあり、換金時の手数料は無料としている取引所もあります。
そちらを使うと、自分が持っているビットコインを満額で現金に換えられますから、とてもお得です。